借金問題 相談

借金問題相談ー借金解決のために最初にすべき事を解説

借金問題を解決するためには専門家へ相談を

借金問題は解決できます!

具体定期に言えば、
返済が難しくなった借金を帳消しにしたり、一部帳消し(減額)する事を、合法的に行う事が可能です。

どのような方法によって解決するかというと、

  • 特定調停
  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

以上4つの債務整理、もしくは、過払い金の取り戻しです。

この中から、債務額や返済能力などに応じて、ベストな方法を選び実行していく・・・

そうする事で、借金問題を解決していくのです。


借金問題の解決の一歩は専門家への相談


しっかりとした知識が無いと、借金問題を解決するための方法を、見誤ってしまう事は珍しくありません。

また、方法が決まったとしても、無事解決するまでには、様々な壁があります。

しかし、弁護士などの専門家は、

  • ベストな解決方法の提示
  • 借金整理までのサポート

この両方を行ってくれます。

つまり、借金問題解決のために重要な事の大半を、専門家が解決してくれるのです。

だからこそ、専門家に相談する事こそが、借金問題解決の第一歩だと言えるのです。

専門家の力を借りるメリット

メリットその1~相談者の負担軽減

借金問題を解決するためには、

  • 書類作成
  • 債権者との交渉
  • 裁判所への出頭

など、様々な事をする必要があります。

専門家は、これらの事を代行してくれますから、労力や精神面の負担が大きく軽減されます。


メリットその2~より良い結果で解決しやすい

冒頭で触れた4つの債務整理、そして過払い金の取り戻しは、手続きを開始すれば必ず借金問題が解決されるとは限りません。

●債権者との交渉が上手くいかず、任意整理手続きを開始したのに、あまり借金を減らす事が出来なかった・・・
免責決定が下りず、自己破産が行えない・・・

など、失敗に終わってしまうケースがあるのです。

しかし、専門知識と経験の豊富な専門家のサポートを受ければ、最善の形での決着が期待できます。


メリットその3~債権者からの取り立てがストップする

専門家にサポートしている間は、債権者が債務者に連絡する事はできません。
これは法的に決められているルールです。

この場合の連絡とは、電話・訪問・メール・郵送など、あらゆる方法での返済の催促・取り立ても含まれます。

取り立てがストップして、毎月の返済に追われる事が無くなりますから、生活を立て直す余裕も生まれてくるかと思います。



専門家を頼るデメリットは?


強いて言うなら、料金がかかるという事です。

ただし、借金問題が解決されれば、経済状況がかなり改善されます。
それを考えると、料金を支払ってもお釣りは返ってきます。

また、借金問題という性質上、前払いが難しい、一括での支払いが難しいといった相談者も少なくありません。

そのため、月1万円~の分割払い後払いが可能な法律事務所も少なくありません。

後ほど紹介する、無料借金減額シミュレーターには、そうした条件を持った事務所が多く登録しています。



借金問題の具体的な相談方法

  • 法律事務所を直接訪ねる
  • 法律事務所に電話で相談する
  • 知人や家族に紹介してもらった専門家に相談する

など、色々な形で相談する事が可能です。

ですが、一番オススメしたいのは、オンライン(メール)の匿名相談です。


悩みの性質上、最初から個人情報を明かす事に抵抗がある方は多いののではないでしょうか?
また、最初から弁護士と対面や電話で相談するというのも、緊張してしまうと思います。

ですから、

リラックスして行えるメールの相談から行い、ある程度の所まで話が進み、「この人なら信用できそうだ!」と思えたら、法律事務所を訪ねてより深い話をしていく・・・

このような流れで進めていくのが良いかなと思います。

最初はどんな事を相談すれば良いの?


相談するために、ある程度は債務整理などの勉強をしておかないとマズイかな?
なんて思う必要はありません。

「借金を減らせると聞いたけれど、どうすればいいんですか?」

「返済が難しくなって困っているのですが、問題解決のために、具体的に何をすれば良いかわかりません。」

このような、漠然とした内容でも全く構いません。

まず、現在借金問題を抱えている事を、専門家に伝える・・・

これが一番重要な事なんです。




無料借金減額シミュレーターから相談する

借金解決診断ツールは、匿名のメール相談が、何度でも無料で行えるサービスです。

借金問題に関しては一流の法律事務所が、相談に応じてくれます。

このツールがきっかけとなり、借金問題から開放された方は数多いですから、利用する価値は十分にあると思います。



借金問題関係サイト